日々mimi緑今
twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天に唾をはいてササッとよける

ステレオタイプの国家観や国民像で満足するような知的に怠惰な若者のおかげで再議決出来るだけの議席があることを、理解してないとしたら馬鹿だし理解してるとしたら恥知らず。
スポンサーサイト

鬼さんどちら?

久しぶりにニュー速に張り付いてた。
割り箸事故の民事の判決についてのスレだけど、ここ数年テレビ離れしている間にずいぶん考え方が変わったと自分でも思う。
多分事故当時は普通にニュースとかも見てて普通に医療事故だと認識してたと思うんだけど、今はすっかりお医者さん側に同情的になった。
医療現場の過酷さが世間に認知されだしたこともあるんだろうけど、テレビの論調が一切わからないことも大きいのかなと。
勧善懲悪的なもので簡単にカタルシスを得られないのが、一つ大人になることのデメリットかもね。

趣味の一つなので

そもそも連立に前向きだったことより、党内にまったく根回ししてなかったことが問題かと。
連立自体はやり方次第でどうにでもできたでしょ。
なんたって参院を握ってるんだし。

大連立より安全保障政策の転換の方が、ニュースとしては重大だと思うんだけどね。
基本的に日本の安全保障政策の最大の柱は、「考えないこと」なのがはっきりしたのかな。
臭いものには蓋とはよく言ったものだ。
日本に変化を促す意味では、政権交代以上に効果的だったかもしれないけどね。

その後の辞任表明が突発的なのか計算の上なのかよくわからない。
マイナス面が大きいことは間違いないが、効果があったのも確か。
時期総選挙に対して民主党内に危機感を植え付けるとこができたし、辞任を理由に内幕を暴露することができた。

そして辞任の撤回も想定していたのかしていなかったのかわからない。
辞任会見で進退を預けたって言ってたから、辞任会見の時点では想定できたんだろうけど。

災い転じて福となすとまでは言わないけど、傷口を最小限にとどめることはできたかなと。
10年来の小沢ファンとして、とうとう本当に終わったのかと辞任表明時点では思ったけど、結局生き残ったし、本当に楽しませてくれますね。
楽しめて、結果日本もよい方向に向かってくれることを願うばかりです。

集団安全保障

戦後レジームからの脱却って本来こういうことだよなぁ。

冷静に考えれば

食料の自給率100%を目指さない人が愛国者なわけないな。

更正と救済

ひとまず再犯しないことで更正と言っていいとして、件の元少年は、こんな裁判で死刑を免れたとして救済されるのか甚だ疑問だ。

神ならぬ人が彼の全てを受け入れることは不可能だ。

未熟さのアピールは、彼の人格を今以上に損うだけではないか。

彼は自殺した母を許さねばならない。

そして木村氏に許されない限り、救済はないと思う。

弁護団にとって彼の救済は、死刑廃止に比べてどうでもいいようだ。

救済の可能性は、日々少なくなっていく一方だ。

お母さんに甘えたいなら

もっと年上の女性に甘えろよ。

参院選、格差、派遣、バイト

底辺にいるようなバカは適当に扇動して、煽られないだけの知力がある(が故に底辺に甘んじない)人の為だけの政策を実行する。

こんにゃくゼリー

たぶんゼリーってネーミングが悪いと思う。

食感が全然ゼリーじゃないのに。

新幹線の防犯カメラ

市民が善良じゃないことが露呈したからしかたない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。